食物繊維

「食物繊維ってなあに?」
当たり前のように食物繊維という言葉が使われていますが、さて食物繊維って何なんでしょうか?
実は過去には食物繊維は消化されない‘カス’として扱われていたのです。
私達の腸内を活発にしてくれる働きがあることがまだ知られていなかった頃。
かわいそうですね。一生懸命働いてくれていたのに、評価が低かったのですから。
では現代において食物繊維の役割ってどんなものなのでしょうか?
血糖値の急上昇を抑えてくれます。
これは美容と健康にとても有益なことは読者の皆様ならご存知でしょう。
そして便の量を増やして排便をスムーズにしてくれる。
これも以前にお話しましたね。便のかさを増やすので排便をスムーズにしてくれます。
便秘は美容と健康の敵ですから。改善しなくちゃですよね。
更にコレステロールの抑制、肥満防止。
待ってました!やはり大きなダイエットの味方!!これぞ一番嬉しいことではないでしょうか?
食物繊維を食べると胃内の滞留時間が長くてお腹すきにくいのです。
これが食べすぎ防止にもなりますよね。

「じゃあ食物繊維って具体的にどんなものがあるのか知りたいわ。」
はい!わかりました。具体的な食材を知る前に少しだけしっておいて欲しいことが
あるのです。
ここから少しお勉強です。
食物繊維には「不溶性食物繊維」と「水溶性食物繊維」があります。
水に溶けやすいタイプを「水溶性」、水に溶けにくいタイプを「不溶性」と呼びます。
「なんでこんな事を勉強しなきゃいけないの?」
そうですよね。確かに。実はこの事を知っているかいないかで効果的にカラダに摂取できるかどうかが変わってくるのです。
では、水に溶けにくいとはどういうことなのでしょうか?
そうですよね。
水に溶けにくいという事は栄養分が薄まりにくく大腸の働きを促す役割をしてくれるって事なんです
ではどんな場合に良いのでしょうか?
便秘気味の人や食欲が旺盛すぎて困るなんて人にオススメです。
では水に溶けやすい「水溶性」にはどんな特性があるのでしょうか?
水に溶けやすいのですぐにゲル状になって小腸で糖と一緒に吸収されます。
働きはどんなでしょうか?
コレステロールを減少させてくれたり、善玉菌を増やして腸の働きを改善してくれるのです。
ではどんな人にいいのでしょうか?
最近太ってきたなあと感じている人や血糖値を気にしている人、コレステロールの上昇を
抑えたいと思っている方にオススメなんです。

便秘に「不溶性」、血糖値急上昇を抑えるには「水溶性」って働きが少し分かれるって知っておくのも良いと思うのです。

では、皆様が知りたい具体的な食材の紹介に移ります。
不溶性食物繊維に野菜類、玄米などの穀類、豆類、きのこ類、海老やカニの殻など。

水溶性食物繊維には果物、昆布など海藻類、こんにゃくなどです。

どちらも大腸の環境を改善して太りにくくしたり、健康的なカラダつくりの為に
必要な食べ物です。
それぞれの働きを知るとより食材に関心を持ちたくなるのではないでしょうか?
食べる事は生きる事。と言われていますが、働きを知って好き嫌いなく頂くことが
私達の体を美しく健康に導いてくれる事だと思いませんか?

背中ニキビや背中ニキビ跡を治す方法

ダイエット中の肉は鳥肉!?

「ダイエット中のお肉はなんといっても鶏肉でしょ!は正解か?」

ダイエット中の方に質問すると「お肉を食べるのは鶏に決めているわ。」
そんなお答えをよく耳にします。

理由は高たんぱく低脂肪ということらしいですが・・・
さてこれは正解なのでしょうか?

あなたはどう思いますか?
ここで少し考えて欲しいのです。
ダイエットには燃やす材料が必要という事はご承知のとおりです。
では鶏肉は脂肪をガンガン燃やす材料となるものがあるのでしょうか?
では燃焼効果が高いものとは一体何でしょう?
成分で言うと「L―カルニチン」といいます。
この成分はお肉の赤身の部分に多く含まれています。
ってことは、赤みのお肉を食べる事が、脂肪を燃焼させる力をくれるって事ですね。
「う~ん!これはありがたいお話。だってダイエット中にお肉が味方になってくれるんですものね。」
そうです。このありがたい成分を享受しましょうよ。
ではこのL-カルニチンを多く含んでいるお肉は何なのかを見て行きましょう。
第1位は羊肉なんです。
脂質の代謝を高めてコレステロールの増加を防いでくれますよ。
ジンギスカンなんて最高にダイエット向きなんですよ。
さらに、羊肉はカラダを温めてくれるのです。体を温めると内臓の働きがよくなって
更に代謝を良くしてくれますね。
いいことづくめの羊肉です。
でも羊肉苦手な方もいらっしゃいますよね。
そんな方には第2位。
好きな方が多いのではないでしょうか?なんと牛肉!!
やったね♪って声聞こえてきそうです。
そう牛肉は血を造る働きも強くて貧血の予防や疲れの回復にも役立ちます。
元気をつけるのに焼肉屋さんを利用しますものね。
言葉で言ったら「お肉食べて精つけましょう♪」なんていいますよね。
美味しく食べて燃やしてくれるのですから、嬉しすぎ!!
でもね、みんな大好きな脂肪分が多いバラやロースよりヒレやモモ肉をの方がオススメです。
そして第3位はと言うと・・・
豚肉です。
これも、ヒレやモモ肉がいいですよ。ビタミンB1の含有量が高いのがよいですよ。
ビタミンB1は糖の代謝に欠かせませんから。
糖代謝を促進して脂肪をつきにくくしてくれますよ。
太りそうなイメージのあるお肉ですが、意外だとお感じになったのではないでしょうか?
ひとつ気になるとしたら豚肉はカラダを冷やしてしまいます。
ですので、食べる際は生姜やにんにくなどカラダを温める食材などと一緒にとるのがよいですよ。
そう考えると「豚肉のしょうが焼き」なんて、上手くできていますね。

お肉がいいからと言って今日からハンバーグをせっせと食べよう!と考えたあなた。
少しお待ちください。
ハンバーグはひき肉ですね。ひき肉にはラードなどの脂肪が加えられていたりすることも
多くありおススメではないんです。

お肉を食べるのはなんといっても原形が良いです。
形がわかるものを頂く事が加工物もなくて健康にも美容にも良いって思ってもらえると
いいかなと思います。
お肉と一緒にビタミン、ミネラルを摂ると栄養バランスも抜群ですね。
野菜を巻いて食べる韓国風焼肉なんていいんじゃあないでしょうか?お肌の黒ずみ専用 ホスピピュア