美しいバストつくり

「自信の持てる女性の象徴!美しいバストつくりにこんな事を・・・」
美しいバストって女性の象徴とも言える憧れですね。
豊かなバストに憧れはあるものの、年齢と共に引力の法則に従ってしまうのは
残念ですよね。「歳だから仕方ないわ。」と諦めるのはちょっと待って下さい!
では、美しいバストつくりそしてキープするにはどんな方法があるのでしょうか?
まず、あなたの下着。ブラジャーについてお聞きします。
あなたは、バストを大切にしていますか?
そう、いじめていないですか?
では、いじめるってどういう事でしょう?
例えば「ブラジャーをつけてる時、なんだかちょっと締め付けられている感じがあるわ。」って方。
「ブラジャーを外すとくっきりと型が残るの。」って方。
これらのブラジャーはあなたのバストをいじめてしまってます。
ちょっときついけど、かわいいから。とデザインで選んでいませんか?
採寸をせずに、昔はかってもらったままのアンダーやカップでブラジャーを選んでいませんか?
しっかりと下着売り場で採寸してもらってサイズにあったブラジャーを選びましょう。
ブラジャーの締め付けはバストの型を崩すだけでなくて、太りやすいカラダを作ることにもなっちゃうのですよ。
なぜかって?
上半身の血液のめぐりがブラジャーで締め付けられることで悪くなってしまうからです。
血液のめぐりが悪いとムクミの原因になります。
長年続けるとどうなのでしょうか?冷え性の原因となること間違いなしですね。
そして代謝が悪くなり太りやすいカラダになっていく事が理解できますよね。

次にお風呂。熱すぎるお風呂はNG!熱過ぎるお風呂のお湯はお肌の水分を蒸発させて
しまい、お肌の張りを奪ってしまうから。
熱いお風呂に長時間はいると脚の指がしわしわになったりした経験ありませんか?
では何度位がちょうどいい温度なのでしょうか?
皆さんは何度位のお風呂に入っていますか?
1. 38度
2. 40度
3. 45度
冬場は2の40度位が適温と言われています。
「え~40度って寒くない?」
っていわれそうですがじっくり時間をかけて浸かると
充分温まりますよ。
細胞も熱で壊されることなくお肌の水分の蒸発も防げて汗もかいて
良い温度と言われていますよ。

次に食べ物です。
ホルモンを活発に働かせる食べ物を頂きましょう。
それは何でしょうか?
栄養はビタミンE、たんぱく質、ビタミンB1,B2、ビタミンA、カロチンが
良いですよ。
これらの栄養素を含んでいるものを頂くようにすることでホルモンの分泌量をアップさせて美しいバストつくりに貢献してくれますよ。
では実際に具体的にどんな食材があるのでしょうか?
「トマト」・・・抗酸化作用が強くてアンチエイジングにも良く女性ホルモンにもはたらきかけてくれます。
「ナッツ」「キャベツ」・・・・女性ホルモン「エストロゲン」の分泌を良くするというボロンという成分が豊富に含まれています。
某グラビアアイドルがキャベツを1日2個食べて胸を大きくした!なんて噂、あなたも
聞いたことがあるのではないでしょうか?
「お豆腐」・・・あなたもご存知「大豆イソフラボン」これは植物性エストロゲンとも
いわれている女性ホルモン活性化に欠かせない成分なのです。
「牡蠣」・・・・海のミルクとしておなじみですね。亜鉛をたっぷり含み、亜鉛は女性ホルモンを促す作用があります。
これらのポイントをおさえて、美しいバスト作りに励んでみませんか?

看護師求人サイトで夜勤無しはありますか?

お顔の筋肉を動かす!

「小顔はお好き?」
テレビや雑誌で見かけるタレントさんやモデルさん、お顔小さいなあ~って思いませんか?
テレビで見るより実物はもっときゅっと小さいらしいですね。
あんな小顔になりたいって思いませんか?
たまに、こんな方がいらっしゃいますよね。
太っているように思うのだけど、よく見ると手足やお腹もさほど、お肉がついているわけでもない。でもなんだか太って見えちゃう方。
よ~く見てみると原因は、大きなお顔にあったりしますよね。
「私、顔が大きいからいつも太って見られるの。カラダより顔ヤセしたいのよね。」
「顔が左右対称でなくて悩んでいるの。」
「年々、顔がたるんできて写真がイヤなの。」
これらは、たまにお聞きする意見です。
「どうしたら、顔、小さくなりますか?」「どうしたら、顔の歪みがなくなりますか?」
「どうしたら、たるみや二重アゴから解消されますか?」
こんな質問も出てきます。
あなたなら、どうお答えしますか?
「う~ん。どうかしら?私も知りたいところだわ。」
そう思われましたか?
ではお答えしますね。お顔は老廃物が溜まりやすい箇所。
柔らかいものばかりしか食べなくなった現代人は噛むということをあまりしません。
そうするとアゴの筋肉が衰えてリンパの流れが滞って老廃物を流す機能がおとろえるのです。そうしてアゴ周り等にたるみが出てきちゃいます。
さらに水分の排出が上手くできないので、お顔全体がむくみがちになり固定化されていっちゃうのです。
「じゃあ、歪みの原因は何かしら?」
そうですよね。なぜお顔が歪んで左右対称でないのか?
例えば口元や眉の高さを見るとわかりますよね。
このお顔の歪みの原因はお顔にあるというよりカラダ全体のゆがみから来ている事が多いんですよ。
こんなクセはありませんか?
☆いつも同じ側の脚を組むクセがある。
☆ホホ杖をつく癖がある。
☆寝転んで腕でお顔を支えてテレビを長時間みる。
☆重いかばんを同じ肩にかける
☆体重を片側にかけるクセがある
☆同じ側の歯で物を噛む
☆同じ向きで横向きで寝ている
☆片側の目でテレビを見ている
どうですか?当てはまるものありましたか?
これらは全部、あなたのカラダとお顔を歪ませている要因となります。
カラダが歪むとお顔も歪みやすくなりますよ。
では、どうしたらいいのでしょうか?
そうですね!
上記のクセを改善していくことですね。

日々意識する事が大事です。クセは意識しないと直りませんものね。
「歪み改善はわかったけど小顔にするにはどうしたらいい?」
そうですね。
小顔になる為には、あなたも考えて欲しいのです。
お顔もカラダと同じ使わないとたるんでくるって事思いませんか?
運動しないとカラダは引き締まりませんね。これは筋肉を使う!という事ですね。
わかりましたか?
そうなんです。お顔も筋肉をしっかり使うことが大事なんですよ。
さらに首や肩の強張りをやわらげて、ほぐすことでリンパの流れも良くなり
本来のお顔の状態に戻りやすくなります。
具体的に言えば、ほほを膨らませたり、へっこめたり。
大きく口を開いて「あいうえお」と言ってみたりしましょう。
どうですか?
普段使われていないお顔の筋肉を動かしているのがわかりませんか?
カラダもお顔もしっかりと筋肉を使ってほぐしてあげるのが喜んでくれて良い結果に
結びつくようですね♪

美甘麗茶(ダイエットティー)が大人気!

食物繊維

「食物繊維ってなあに?」
当たり前のように食物繊維という言葉が使われていますが、さて食物繊維って何なんでしょうか?
実は過去には食物繊維は消化されない‘カス’として扱われていたのです。
私達の腸内を活発にしてくれる働きがあることがまだ知られていなかった頃。
かわいそうですね。一生懸命働いてくれていたのに、評価が低かったのですから。
では現代において食物繊維の役割ってどんなものなのでしょうか?
血糖値の急上昇を抑えてくれます。
これは美容と健康にとても有益なことは読者の皆様ならご存知でしょう。
そして便の量を増やして排便をスムーズにしてくれる。
これも以前にお話しましたね。便のかさを増やすので排便をスムーズにしてくれます。
便秘は美容と健康の敵ですから。改善しなくちゃですよね。
更にコレステロールの抑制、肥満防止。
待ってました!やはり大きなダイエットの味方!!これぞ一番嬉しいことではないでしょうか?
食物繊維を食べると胃内の滞留時間が長くてお腹すきにくいのです。
これが食べすぎ防止にもなりますよね。

「じゃあ食物繊維って具体的にどんなものがあるのか知りたいわ。」
はい!わかりました。具体的な食材を知る前に少しだけしっておいて欲しいことが
あるのです。
ここから少しお勉強です。
食物繊維には「不溶性食物繊維」と「水溶性食物繊維」があります。
水に溶けやすいタイプを「水溶性」、水に溶けにくいタイプを「不溶性」と呼びます。
「なんでこんな事を勉強しなきゃいけないの?」
そうですよね。確かに。実はこの事を知っているかいないかで効果的にカラダに摂取できるかどうかが変わってくるのです。
では、水に溶けにくいとはどういうことなのでしょうか?
そうですよね。
水に溶けにくいという事は栄養分が薄まりにくく大腸の働きを促す役割をしてくれるって事なんです
ではどんな場合に良いのでしょうか?
便秘気味の人や食欲が旺盛すぎて困るなんて人にオススメです。
では水に溶けやすい「水溶性」にはどんな特性があるのでしょうか?
水に溶けやすいのですぐにゲル状になって小腸で糖と一緒に吸収されます。
働きはどんなでしょうか?
コレステロールを減少させてくれたり、善玉菌を増やして腸の働きを改善してくれるのです。
ではどんな人にいいのでしょうか?
最近太ってきたなあと感じている人や血糖値を気にしている人、コレステロールの上昇を
抑えたいと思っている方にオススメなんです。

便秘に「不溶性」、血糖値急上昇を抑えるには「水溶性」って働きが少し分かれるって知っておくのも良いと思うのです。

では、皆様が知りたい具体的な食材の紹介に移ります。
不溶性食物繊維に野菜類、玄米などの穀類、豆類、きのこ類、海老やカニの殻など。

水溶性食物繊維には果物、昆布など海藻類、こんにゃくなどです。

どちらも大腸の環境を改善して太りにくくしたり、健康的なカラダつくりの為に
必要な食べ物です。
それぞれの働きを知るとより食材に関心を持ちたくなるのではないでしょうか?
食べる事は生きる事。と言われていますが、働きを知って好き嫌いなく頂くことが
私達の体を美しく健康に導いてくれる事だと思いませんか?

背中ニキビや背中ニキビ跡を治す方法

ダイエット中の肉は鳥肉!?

「ダイエット中のお肉はなんといっても鶏肉でしょ!は正解か?」

ダイエット中の方に質問すると「お肉を食べるのは鶏に決めているわ。」
そんなお答えをよく耳にします。

理由は高たんぱく低脂肪ということらしいですが・・・
さてこれは正解なのでしょうか?

あなたはどう思いますか?
ここで少し考えて欲しいのです。
ダイエットには燃やす材料が必要という事はご承知のとおりです。
では鶏肉は脂肪をガンガン燃やす材料となるものがあるのでしょうか?
では燃焼効果が高いものとは一体何でしょう?
成分で言うと「L―カルニチン」といいます。
この成分はお肉の赤身の部分に多く含まれています。
ってことは、赤みのお肉を食べる事が、脂肪を燃焼させる力をくれるって事ですね。
「う~ん!これはありがたいお話。だってダイエット中にお肉が味方になってくれるんですものね。」
そうです。このありがたい成分を享受しましょうよ。
ではこのL-カルニチンを多く含んでいるお肉は何なのかを見て行きましょう。
第1位は羊肉なんです。
脂質の代謝を高めてコレステロールの増加を防いでくれますよ。
ジンギスカンなんて最高にダイエット向きなんですよ。
さらに、羊肉はカラダを温めてくれるのです。体を温めると内臓の働きがよくなって
更に代謝を良くしてくれますね。
いいことづくめの羊肉です。
でも羊肉苦手な方もいらっしゃいますよね。
そんな方には第2位。
好きな方が多いのではないでしょうか?なんと牛肉!!
やったね♪って声聞こえてきそうです。
そう牛肉は血を造る働きも強くて貧血の予防や疲れの回復にも役立ちます。
元気をつけるのに焼肉屋さんを利用しますものね。
言葉で言ったら「お肉食べて精つけましょう♪」なんていいますよね。
美味しく食べて燃やしてくれるのですから、嬉しすぎ!!
でもね、みんな大好きな脂肪分が多いバラやロースよりヒレやモモ肉をの方がオススメです。
そして第3位はと言うと・・・
豚肉です。
これも、ヒレやモモ肉がいいですよ。ビタミンB1の含有量が高いのがよいですよ。
ビタミンB1は糖の代謝に欠かせませんから。
糖代謝を促進して脂肪をつきにくくしてくれますよ。
太りそうなイメージのあるお肉ですが、意外だとお感じになったのではないでしょうか?
ひとつ気になるとしたら豚肉はカラダを冷やしてしまいます。
ですので、食べる際は生姜やにんにくなどカラダを温める食材などと一緒にとるのがよいですよ。
そう考えると「豚肉のしょうが焼き」なんて、上手くできていますね。

お肉がいいからと言って今日からハンバーグをせっせと食べよう!と考えたあなた。
少しお待ちください。
ハンバーグはひき肉ですね。ひき肉にはラードなどの脂肪が加えられていたりすることも
多くありおススメではないんです。

お肉を食べるのはなんといっても原形が良いです。
形がわかるものを頂く事が加工物もなくて健康にも美容にも良いって思ってもらえると
いいかなと思います。
お肉と一緒にビタミン、ミネラルを摂ると栄養バランスも抜群ですね。
野菜を巻いて食べる韓国風焼肉なんていいんじゃあないでしょうか?お肌の黒ずみ専用 ホスピピュア