「自信の持てる女性の象徴!美しいバストつくりにこんな事を・・・」
美しいバストって女性の象徴とも言える憧れですね。
豊かなバストに憧れはあるものの、年齢と共に引力の法則に従ってしまうのは
残念ですよね。「歳だから仕方ないわ。」と諦めるのはちょっと待って下さい!
では、美しいバストつくりそしてキープするにはどんな方法があるのでしょうか?
まず、あなたの下着。ブラジャーについてお聞きします。

あなたは、バストを大切にしていますか?
そう、いじめていないですか?
では、いじめるってどういう事でしょう?
例えば「ブラジャーをつけてる時、
なんだかちょっと締め付けられている感じがあるわ。」って方。
「ブラジャーを外すとくっきりと型が残るの。」って方。
これらのブラジャーはあなたのバストをいじめてしまってます。
ちょっときついけど、かわいいから。とデザインで選んでいませんか?
採寸をせずに、昔はかってもらったままのアンダーやカップでブラジャーを選んでいませんか?
しっかりと下着売り場で採寸してもらってサイズにあったブラジャーを選びましょう。
ブラジャーの締め付けはバストの型を崩すだけでなくて、
太りやすいカラダを作ることにもなっちゃうのですよ。

なぜかって?
上半身の血液のめぐりがブラジャーで締め付けられることで悪くなってしまうからです。
血液のめぐりが悪いとムクミの原因になります。
長年続けるとどうなのでしょうか?冷え性の原因となること間違いなしですね。
そして代謝が悪くなり太りやすいカラダになっていく事が理解できますよね。

次にお風呂。熱すぎるお風呂はNG!
熱過ぎるお風呂のお湯はお肌の水分を蒸発させて
しまい、お肌の張りを奪ってしまうから。
熱いお風呂に長時間はいると脚の指がしわしわになったりした経験ありませんか?
では何度位がちょうどいい温度なのでしょうか?
皆さんは何度位のお風呂に入っていますか?
1. 38度
2. 40度
3. 45度
冬場は2の40度位が適温と言われています。
「え~40度って寒くない?」
っていわれそうですがじっくり時間をかけて浸かると
充分温まりますよ。
細胞も熱で壊されることなくお肌の水分の蒸発も防げて汗もかいて
良い温度と言われていますよ。

次に食べ物です。
ホルモンを活発に働かせる食べ物を頂きましょう。
それは何でしょうか?
栄養はビタミンE、たんぱく質、ビタミンB1,B2、ビタミンA、カロチンが良いですよ。

これらの栄養素を含んでいるものを頂くようにすることで
ホルモンの分泌量をアップさせて美しいバストつくりに貢献してくれますよ。

では実際に具体的にどんな食材があるのでしょうか?

「トマト」・・・抗酸化作用が強くてアンチエイジングにも良く女性ホルモンにもはたらきかけてくれます。

「ナッツ」「キャベツ」・・・・女性ホルモン「エストロゲン」の分泌を良くするという
ボロンという成分が豊富に含まれています。

某グラビアアイドルがキャベツを1日2個食べて胸を大きくした!なんて噂、あなたも
聞いたことがあるのではないでしょうか?

「お豆腐」・・・あなたもご存知「大豆イソフラボン」これは植物性エストロゲンとも
いわれている女性ホルモン活性化に欠かせない成分なのです。

「牡蠣」・・・・海のミルクとしておなじみですね。亜鉛をたっぷり含み、
亜鉛は女性ホルモンを促す作用があります。
これらのポイントをおさえて、美しいバスト作りに励んでみませんか?

看護師さんも大変ですから、休みはゆっくりしてください。
転職を考えているなら、企業立病院がおすすめです。
企業立病院 メリットはなに?
看護師さんも目標は人それぞれでしょうから、何とも言えませんが、
企業立病院はいいですね。